読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりま風呂

とりあえずまあ、はてブロでも。略して『とりま風呂』 by 常時系

ブログが日記じゃいけなくなったという話

どうも @georgek5555 です。

いや、この話書くのやめたつもりだったんですけど、なんとなく今日は指が動いているので、書いておきます。

つい数日前にブログ論?的なものがTLに流れてきて、要約すると「アフィリエイトを貼っているなら、お役立ちな記事書かないと駄目」みたいな話。

そもそも論でいうと、その発言を言った人が果たしてどれだけ自分がお役立ちになっていると奢っているのかというも気になるところですけど、僕的に気になった点は2点。

一つ目は日記みたいなブログにアフィリエイトを貼るのが何がいけないのか?という話。
このとりま風呂はプロアカウントじゃないので、アドセンスに関しては全部はてなブログさんの収益になります。
けど、別にお役立ちにならないこと書いていないから収益化していないわけではない。
というか、単なる個人の日記を収益化しちゃだめっていうなら、このはてなブログもそうだし、そもそもアメブロとかも全部だめじゃんって話ですよね。
そんな大きな話じゃないとしても、一体なにがいけないんだろうと思う。
例えば僕なんかは、個人の日記ブログで「今日は雨だった。あの子に会えない気持ちが募る。今日は窓辺で薔薇も寂しそうだ。そっと僕は彼女にくちづけをした」なんて叙情的な日記ブログがあったとしたら、僕にとってはめっちゃお役立ちです。
歌詞を書いたりするときのインスピレーションになるし、なによりも恋っていいよねってとか思うし。
何が役に立って、何が役に立たないかなんて、完全に人によって違いますしね。
発言者の人が一生懸命役に立ちそうな記事を書いているかもしれませんが、だからって誰かの記事に点数をつけるなんて役に立たないことしなくていいですよ。この人のブログ18点!とかそういうの。

とにかく一体何がいけいないのかが全く分からない。
それを言うなら、「ブログ始めて◯年になりました」とか「ブログの記事数が500記事になってわかったこと」とか、正直どうでもいいっすよ。
ただ、これも人によって違うでしょうしね。
あと、日記みたいな内容が駄目っていうなら、有名ブロガーさん達があげている、「結婚しました」とか「あけましておめでとうございます」とか「トマトがうまい」とか、そういったのも駄目ってことですよね。まずはそういった有名ドコロから叩いたらどうですかね。

んで、まあこれは正直まだライトな方。
一番気になったのが、それを言われた本人が「そうですよね。すいません」みたいに言ってたやつ。

実は、これに関して一番お風呂がぐつぐつしている。
前述の「日記の何がいけないの?」は結構色んな人が言及しているんだけど、「そうですよね。すいません」に対しては皮肉なのか「僕はこうは言えない。素晴らしい」みたいな意見が散見されていて、これにどうも納得がいかない。

つまり、僕的には「そうですね」って言ってる時点で、その人も「日記みたいなブログはクソ!」って言ってるようなもんだなって思ったということ。
「今日はお気に入りのワンピースで出かけてきました。彼氏とラブラブデート。きゃは」って書いててアフィリエイト貼ってたら駄目ってことですかね。

別によくないですかね。何がいけないんだろ。

あー堂々巡りですね。というか、お役立ち記事書かないとアフィリエイトもらえません!みたいなこと言ってるなら、その人のブログに「役立ちました」「役立たたない」の投票システムでも設けて、毎月「役立たない」が上回ったら、アフィリエイトのお金全額寄付とかでもしたらどうですかね。結局そんな風に言われても、入ってきたお金で、ケンタッキーの新製品の美味しそうなハンバーガーとか食べるんじゃないの?って。
「俺はアドセンス貼ってない」「アフィリエイトもらっていない」ってことなら、なおさら口出してくんなよって思いますし。

一体何がいけないんだろ。そして、なんで謝るんだろ。てか、謝るってことは僕はその方とは意見が合わないってことなんだろうな。
ま、たまたま1度お会いしたことがあった人だっただけに、尚の事寂しいお話ですねって思いました。

とりまカツカレーが美味しかった。