読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりま風呂

とりあえずまあ、はてブロでも。略して『とりま風呂』 by 常時系

モノカキに行き詰まった時のストレス発散方法という話

どうも @georgek5555 です。

今日は、絶賛とある案件で朝からずっとカフェで仕事をしています。
んで、最近なんだかストレス発散方法がわかんなくなっちゃったなーとか思ってました。
酒を呑んでも、女性と楽しい時間を過ごしても、美味しいものを食べても、ビリヤードしたり、海をみたりしても、なんだか心が晴れないことばかり。

ところが、忘れてたんですけど、僕の一番のストレス発散方法って、書くことなんですよね。
ライティングの仕事をしていて行き詰まった時もそうだし、人間関係に悩んだりとか、色んなストレスを抱えた時に一番のストレス発散になるのが、書くことなんですよね。

書いててストレスたまったら、書く。これが一番の僕のストレス発散方法です。

つまり、今こうして文章を綴ってて、めっちゃストレスが発散されているわけなんですよね。
1日に2万じなり4万字なり、時にはそれ以上ずっと今詰めて書いている時に「あーー!!!!!」ってなる時も、結局何か別の文章を綴っているとものすごくスッとするんです。

ああ、今とりとめのない意味のない文章を書いているという自覚はありますが、こうした駄文を垂れ流すことも僕にとってはストレス発散。

書くことは僕にとって、仕事でもあり、趣味でもあり、なんというか酸素みたいなもんなんだなって。

たまーに今日はもう書きたくない!とかって心の中で叫ぶ時があるんですけど、叫びながら新しい文章考えてて、結局それをアウトプットしないとスッキリしないんですよね。

つまり、ライティングバカなんだと思います。

今日も今日とて、文字を綴ることで僕は生きてます。

それにしても、僕は単に駄文を垂れ流しているだけですけど、才能ある人たちを見ると純粋に羨ましいと思います。
実に羨ましい。

他人の文章に嫉妬しているようじゃ、結局上になんかいけないんだとよく言いますが、まあ嫉妬しちゃうのは仕方ない。
僕は僕で、彼らは彼らだから、結局どう転んでも僕は僕でしかないから、才能を羨んでも、僕は努力をし続けるしかないんですが、それでもまあ嫉妬はしちゃいますよね。

と、こんな感じで駄文をアウトプットして、スッキリしたところで仕事に戻ります。

とりま、おなぺこ。