読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりま風呂

とりあえずまあ、はてブロでも。略して『とりま風呂』 by 常時系

ブロガー名刺はどうして匿名性が高いのだろうという話

どもども @georgek5555 です。

土日にかっふぇで仕事をしていると、綺麗な女の子がきゃわいい服装でコーヒーをシップしているので、とっても楽しいですね。

さて、個人的にはあまり名刺という存在に必要性をあまり感じていないのですが、それでも日々溜まっていく名刺をどうしたものかと、最近eightを使いはじめました。
それで過去にいただいた名刺を今整理しているところなのですが、いわゆるブロガーさんからもらったブロガー名刺なるものを見ていて、前々から感じていたことがあって、ちょっと書きたくなったのですが、どうしてブロガー名刺ってあんなに連絡情報がないんでしょうかね。
よく、ブロガーさんがイベントに参加するときはブロガー名刺をつくろう!って書いてあって、ついでに名刺印刷のアフィリエイトをかましてくるのを見かけるのですが、そういった影響もあって、ブロガーさんが多く参加するイベントにいくとこちらから声をかけなくても、名刺収集している人に多く出くわすので、結構もらうことが多いです。
個人的には、名刺交換するためだけによってくる、まるで春の新入社員名刺交換祭りみたいな状態が好きじゃないのもあって、話もせずにとりあえず名刺だけ交換しよーぜ!っていう人が近づいてきたら、ささっと逃げるようにしています。

んで、それでもこんな僕と名刺交換してくれる人の名刺をもらうたびに、なんでみんなあんなに連絡先を書かないんだろうと疑問に思うことが多いんですね。

多分なんですけど、位置づけ的にはショップカードに近いんでしょうね。
ブログのURLと、SNSのアカウント、それとこれでもか!ってくらい派手なデザインと、たまにイラストとかが描かれているやつ。
中には、とりあえず奇をてらうことを主軸に置いていて、そもそもどこに何が書いているのかよくわかんないのもあります。
そういうのを見ても、名刺本来の機能はそこに求めていないんだろうなーと。

ただ、やっぱりそれでも、仮に携帯電話番号が嫌だとしても、これだけ無料でメールアドレスが取れる時代に、メアドが1つも無くて、SNSアカウントのみっていうのはなんだか不便だなーと思うのです。
いや、実際問題SNSアカウントがあれば連絡できないわけじゃないのですが、例えばお仕事の相談をしようと思った時に、Facebookメッセンジャーで連絡をとっても、友人になっていないと気づかない人も多々。
それどころか、Twitterにリプっても気づかない人も多い。

まあ、僕が嫌われているだけなのかもしれないのですが、コンタクト情報がない人の名刺って、名刺としての要件を満たしてないよなと思うことが多いのです。
でも、そういう名刺の方からすると、名刺はあくまでもトレーディングカードであって、僕みたいに本名書いてて、携帯電話も本アドレスも自宅住所も載っていて、さらにただシンプルなだけの名刺なんて要らないんだろうなって。
もしかしたら「なにこいつの名刺。くそつまんねー」とか思われているのかと思ったら、なんだか泣けたっす。フリースタイルくらいにまじ泣けたっす。

不思議なほどに、みんな個人情報を隠しているんですよね。
会社員だったりする人もいるから、全てを明かしたくないっていうのも理解はできるんだけど、どうしてみんな一様に似たようなスタイルで、あんなにもコンタクト情報がないのかなと。

んで、まだね、趣味でやっていますっていう人はいいんですけど、お仕事募集していますっていう人でも、連絡先書いてなかったりするんですよね。
メアドもないから、SNSで連絡してこいってことなんでしょうけど、とても高いところにいらっしゃるなと。
人それぞれの考え方があるから、押し付けちゃうのもよくないだろうし、別にSNSで連絡すれば良い話なんですけど、それにしてもそんなに匿名匿名ってしている人と仕事するのちょっと怖いっすよね。
只野係長はもっと怖いっす。

とりま、ホテルは山城。

 

なんかあれだったので、補足しときました。 

torima.hatenablog.jp